京都の設計者の保育園園舎づくり

お問い合わせフォーム

お知らせ
記事一覧

新着情報
記事一覧

保育園設計
Tシャツあらい① (1)
私たちは、保育園の設計にあたって、園長さん、保育士さん、保護者の方々とともに、より良い保育園・園舎づくりに努力しています。

待機児童問題の解決が切実となっている中で、国の「待機児童解消加速化プラン」がすすめられていますが、定員を大幅に超過した状態が広がっており、「時間に追われ、子どもがほっこりできない」「子ども同士がぶつかりそうになる」など、保育園のあり方が問われています。

私たちは、園長さん、保育士さん、保護者の方々とともに、子どもの安全を守り、発達を育む保育園のあり方を考え、いろんな制約がある中でも、協同してより良い保育園づくりをすすめ、発信することが大切になっていると考えています。

また、子ども・利用者本位の設計プロセスを大切にし、相談・企画・設計監理から改修・メンテナンスまで、設計者がパートナーとして関わる協同のとりくみをめざしています。

 
私たちは、保育園設計にあたって、次のような保育園の4つの課題をめざしています。その事例を紹介します。
住まいとしての保育園づくり
子どもが安心して一日を過ごせる居場所となるためには、保育園が“住まいのような空間”であることが大切と考えています。 子どもが世話をされ、監視される施設ではなく、子どもがいかに主体的になれるか、遊ぶ・...
子どもの発達を育む空間づくり
体と心と頭がのびのびと発達する空間づくりをめざししています。 災害に対応し、事故の起きにくい安全な空間であること。 光や風や土や緑が取り入れられていること。 自然素材を使った体に優し...
保育者・職員の働きやすい空間づくり
子どもに対する保育者の数が少なく、子どもに関わる時間を確保することが課題のもとで、 保育室が密室にならないように、互いに連携がとりやすい見通しの良い空間づくりを心がけています。 保育の組み...
地域の生活拠点としての保育園づくり
地域の生活拠点にもなるよう、地域の方々やネットワークを大切にし、設計に生かす。地域要求にもとづき集える場所、地域のためのスペースなど、設計に反映させています。...
 保育園園舎づくりプロセス
相談企画からメンテナンスまで一連の保育園園舎づくりプロセスをご紹介します。...
 設計者の選定方法 ― より良い園舎づくり
保育園の設計者選定では、行政の指導もあり、設計事務所を設計料で競争させ、安い方に決める方法が広がっていますが、それがより良い保育園づくりを阻害することを危惧しています。 保育園の設計では、いろいろな...
 お問い合わせとご紹介
...